脂肪調節と筋肉調節

人にはイメージというものがあり、それについては自分で操作できることもあるだろうが、最初に付いたイメージに抗うのはなかなか難しいのだろうなと思う。


野菜ばかり食べてそう。ジョギングしてそう。とよく言われるが、特に走ってはいないし、野菜もたくさん食べるものの、フライドポテトやトンカツ、チキン南蛮の揚げ物が大好きだ。


食べたからといって特に太るわけではないが、体脂肪率はびっくりするくらいある。多分まもなく肥満に片足突っ込んでしまうくらいじゃないかと思う。数字の魔力かな、恐ろしい。


でも特にお腹も出っ張っていないので、どこに脂肪がついているのか?と思ってみたが、その辺り全体的に満遍なくこびりついている。なんとなく食生活を改めたのは数ヶ月前。またもや低血糖の症状が出たり、貧血ぽくなってしまったから。


それから、肌の調子が絶望的に悪くなり、季節の変わり目もあって、ともかくしんどかった。後に、風邪をひいていたのだと気づいたものの、ヘロヘロな日々。ストレスもあってボロボロのバスタオルのような精神状態をキープしていた。バスタオルに気持ちがあるのかはわからないが、悲壮感があったってことだ。


常に疲れていたし、気付くと寝てばかりだった。夏を楽しみにするのはいつものことだけど、私に夏はやってこないかのような疲弊。


食べ物を変えた方がよいとなんとなく思って、スナック菓子をやめ、白い砂糖を抑えるようにして、冷たい飲み物をなんとなく控え、タンパク質を摂る様に気にし始めた。

だからといって何にも変わらなかった。空腹時に手が震えるのは治ったので、一定の効果はあるのだと思う。


どうしても身体を動かしたくて、ジムに通い始めた。スタジオのクラスがメインだけど、そのうちマシンも使う予定。ジムからの帰り道は徒歩にしている。元々階段を使うことにしているし、よく歩くので下半身は丈夫なのだが、腕立て伏せを1回もできないくらい上半身は貧弱で、サーフィンをやっていたとは到底思えない腕っ節だ。


勿論家でもトレーニングのようなものをしている。ナイキのアプリを使っているが、初級の上級具合め。全然できない。ヨガしかちゃんとできない。身体を鍛えて、自分を追い込むだなんて、めちゃくちゃMだなと思う。いや、Sなのか?いや、自分のために自分を追い込むのはMだと思う。


筋トレは苦痛だ。音楽をながしながらだとかろうじて出来るので、音楽は偉大だなと思う。


汗をかく習慣が身についたからか、肌の調子が良くなったし、体調もよくて、ついでに気分もいい。なんとなくお腹もペタンコに見えるのだが、やっぱり驚きの体脂肪率。筋肉量を増やすことが大切なのだそうだが、上半身を鍛えることが不可能に思えるほど、何にも出来ない。


これ、いつか楽になるのかな。


Q曲

Q曲



not a friends


近所でライヴがあったので、行ってきた。



地下一階

初めて行ったのだけれど、するっと行き過ぎ、一度google MAPで見たところを確実に過ぎている。


仕方なく再度MAPを開き、来た道を戻る。だいたい、ずっとお店の並びを見つめて歩いてきたのに、地下がありそうな店は絶対になかった。


でも行き過ぎている。おかしいな。と信じられない気持ちで戻る。こーゆうときの私は何故か自信満々で、自分を信じきっているが、見落としていることは明白なので、なんだかもやっとする。節穴か。


事実、地下に降りる階段が見えて、完全に行きすぎていた。うーん。瞬きをしている間に行き過ぎたのかな。


 もう既に始まっていて、雑談的な感じで、全体的にゆるっとしている。

LOSTAGE7から観ていない。ちょっと間を空けて、新鮮さを取り戻そうと思う。幾度目かの、個人的な調整だ。


とはいっても、今日は五味さんだけで、バンドではない。通常なら行かないやつなんだけども、近所だったので、ぷらっと。


5/27はブッチャーズ吉村さんの命日で、ブッチャーズ愛と、音楽のイベントだった。各自の持ち歌とブッチャーズのカバーもあって、ゆるゆるながら楽しかった。



サラバ世界君主は五味さんのイメージだなと思う。


父親の病室への行き帰りに、大和路線に乗っていつもブッチャーズを聴いてた。NO ALBUMを繰り返し聴いて、めそめそ泣いた。父が死んだのは9月だけど、吉村さんは5/27に亡くなったそうだ。私の誕生日。



大体の毎日に人は産まれて、死んでゆくのだな。それ以外の人にはなんてことのない1日だったりすんだろうな。そういうものだ。



父が死んで5年以上経って、やっとめそめそせずにブッチャーズが聴けた。でも、フランジングサンは鮮明に浮かぶ虚ろな大和路線の車内に一緒に乗っていた悲しみが蘇って、泣きたくなった。


当然、父はブッチャーズなんて知らなかっただろう。私だけの父を思い出す音楽なんだから。

でもLOSTAGEのbaronで父親を思い出すんだけども、その理由は私にも思い当たらない。大和路線LOSTAGEは聴かなかったのにな。


しょっちゅう父を思い出している。これ以上、人が死ぬのは嫌だなと思っている。無理なのはわかっている。人は死ぬのだから。



NO ALBUM 無題

NO ALBUM 無題



代わりの男



4月の下旬にshangrilaでイベントがあって、行ってきたのだけど、風邪が辛すぎてその後へこたれていた。


ハバナイ!と眉村ちあきが出てた。眉村ちあきは勿論初見で、とても器用なんだなぁと思った。

検索して見た写真より実際はめちゃ可愛らしい。なんかよくわかんないけど、ほのぼのした。お客さんがほのぼのしてるからだ。


そんなフレンドリーな空気のままにハバナイ!が始まって。シャングリラの1番下のフロアには、そんなに沢山の人はいなかったけど、わさわさしてた。


また思わず動画におさめてしまったが、あまりうまく撮れなかった。


ライヴの転換に流れていたビリーアイリッシュをよく聴いている。最高にいいけど、14.5歳と聞いて驚愕。私には想像できません。私の14歳なんて驚くほどカスみたいな軽い空っぽの日々だったと思う。記憶にも残らないほどの。



レッチリを聴いて衝撃を受けた時期だったが、ここには知らない世界があって、アメリカの子供は大人なんだろうなと思ったわけです。



最近、仕事中に代わりの男が頭から離れず、聴きたくなったので、断罪!断罪!また断罪!を聴いたりして、音楽は必要だなと再確認。今回初めてキラキラと輝くもの。を聴いたのだけど、あの辺りは好きだな。オーケンの声が若すぎず曲の感じも好き。


最近の曲にたどり着くにはまだまだだ。キラキラと輝くものは1996年発売なんだって。20年以上前なんだね。すごいな。



それで、ハバナイ!のライヴ後に流れた1曲目が電気グルーヴのシャングリラで、沸き立ってた。サブスクで聴けないからね。厳しいな。



断罪!断罪!また断罪!!

断罪!断罪!また断罪!!






やさしさ

f:id:lameretmusica:20190428220019j:plain


なんかわかってるはずなんだけど、忘れちゃって。

こないだマヒトゥザピーポーのやさしい哺乳類が出たので買った。

前回の不完全なけものの時もそうだったんだけど、発売したらサブスクに入るよって言われていた。それなのに、すっかり忘れて、フィジカルしかないんだから。と思ってた。


なんかもう、コレクターズアイテムみたいな感じかもしれん。

それに、WALKMANに入れるにはフィジカルあってのことだ。


そして、そのWALKMANが突然、プッって小さな音を残して、液晶が暗転し、ボタンを押しても、ホールドをカチカチしても何も反応を示さなくなった。完全に無視されている。



とうとう死んでしまったのかも。PC上には、Xアプリに取り込んだデータが残っているので、新しく購入しても手間をかけずにデータ移行できそうではあるが。


私のPCはWindows7で、10の時に、インストールしたら動作保証できないよ。ってPCが言ってくるくらいの年代モノ。なので、7のままなんだが。新たにWALKMANを購入したとして、大丈夫なのかしら。とかもやもや考えていた。


その日1日は音楽を聴かずに帰宅して、なんとなく充電をしたら、ふつうに電源が入り、今日はいつも通り、何事もなく動いている。電池切れのような感じだけど、決して電池切れではない。

プッと切れる直前に、ちょっとだけ充電していたし、ローバッテリーでチカチカし始めて60分くらいは音楽を鳴らすやつだ。


でも、買ったのも随分昔だし、本体も割れている。何度も落下させてしまったし、酷使している。いつ壊れても仕方ないなと思いつつ、ソニーストアを眺めている。


ハイレゾ対応の大きなやつ、小さなお手軽なやつ。いつもこれで迷うのだけど。

同じシリーズで2017年、とか2018年モデルとか言われると、何が違うのか全くわからない。


お手軽なやつがいい感じの価格で、ハイレゾ対応のデカイやつでお手頃価格なのはなんなんだ。なんなんだ。



見れば見る程眠くなる。

まだ動いているからいいか。

ライヴでは耳栓代わりに使えるし、音楽も聴けるとっても便利な相棒だ。

毎日毎日酷使されておかわいそうに。

バッテリーがやばくなったら、本気で買い換えることにしよう。





今日のクアトロ

GEZANのレコ発で、LOSTAGEとbachoの3マンが梅田クアトロであって、行ってきた。



ほんとはこないだのLOSTAGE7の最終日ワンマンのことを書こうと思ってたんだけど、なんかもう書ききれないので諦めて。


それで、今日のことを書こうと思ったんだけれども、最初のLOSTAGEの中盤でもう諦めた。


なんかね、かっこよかったんです。楽しかったし、すごいよかった。どのバンドも。

とにかくGEZANがほんとに最高やった。新曲が山盛りで、ほんとはsilence of speakのレコ発やから、該当アルバムの曲が多めかと思うけど、出たの結構前やし、きっと、このライヴまでの期間にずんずん進んでいったからなんかも。


めちゃくちゃ楽しくって、新しい景色を覗かせてもらった気分。きっと次にどこかで見るGEZANはもっと違って観えるんだろうなーと思わせる。形なんかひとつじゃないもんね。


私、にやにやしてた!楽しすぎて!

GEZANの音楽がどんどん自由を体現して、不自由を体感して、広がって、歪んで、押しつぶされて、燃え広がるのを一緒に観ている感覚が楽しすぎる。


全然、音楽の話になってない。できない。





LOSTAGE7 day2


今、十三fandangoで、LOSTAGE7が開催中で、今月末まで行われている。

ほんとはZAZEN BOYS行きたかったが、どうしても行くことができず。仕事だと仕方ないな。と思えるくらいには大人になった。


昨日DAY2に行ってきた。BKTSと同じバンドだった。本当のBKTSは何故か絶対に行けない日程で開催されるので、これまで一度も行っていない。4バンドが揃うとはこーゆうことなのかと思いました。


CBMD / アスパラ / バンアパ / LOSTAGE

CBMDは、いつぶりかわかんないくらいぶりに観た。メンバーチェンジしたと聞いてからも久しい。

私結構音源を持っているし、曲も沢山知っていたんだなぁと実感。楽しかった。


バンアパが、まだ1番最近観たのかも。随分前になるけれど。ちらちらとサブスクで聴いたりしたので、知っている曲もいくつか。楽しかったけど、これまで持っていた印象と少し違って感じたのは私のメンタルのせいだな。とても元気なのだ。


アスパラ

磔磔で観たのが最後。いつかわかんない。曲の感じも、ご本人の印象も記憶とは違っていた。MCがむちゃ笑えた。おもろい人なんだなぁ。記憶は風化するから仕方ないけど。ほんとに楽しかった。私の前にいた人たちが、めちゃファンみたいで、その盛り上がりに和んだ。


LOSTAGE

昔の曲もやってて、楽しかった。昨日はともかく楽しくて、ヘトヘトに疲れて、空腹だったけど、とっても満足な夜だった。ソールドしてたので、きゅうきゅうだったけど、変換の度に前方へ移動したので、結構楽に見る事ができて、とてもよかった。CBMDの時が1番遠くて、1番キチキチだったのが残念。早く来れなかったからなぁ。

次はワンマンの予定。仕事が定時で終われば間に合うけれど、心配。ワンマンなんて、ちゃんと観たい。朝からグイグイ推し進めよう。ライヴ前から疲れているかもなぁ。


ブラウンシュガー→真夜中を→blue→surrender→coffee&sugar→こぼれ落ちたもの→goodluck


coffee&sugarはBKTSで会場限定販売のコンピだったことを昨日思い出した。当時、行けなくて買えなかったことも。

知らない曲だったから、新曲かと思った。途中から、アスパラくらいから、耳がおかしくなってきていて、今もおかしい。


耳栓忘れるのやめよう。










cloud nothings @TRAD

f:id:lameretmusica:20190314142840j:plain


cloud nothingsを観に行ってきた!梅田にあるtradに。

ともかく、めちゃくちゃ良かった!ヤバかった。自分としては自分が閉じていると感じていたけれど、そうでもなかった。


楽しかったわ。うん。ゲストが今回LOSTAGEだったので、一挙両得的な。LOSTAGEを観るのは久々で、勿論cloud nothingsを観る方が久々だけど。



私が思うに、LOSTAGEはECHOESの後、つまりguitarの時に、新たな階層へ移動したと思うのね、それから、in dreamsでその先の曲がり角を曲がって行って、今はどこにいるのかはよくわからない。


少し前の、bachoとのスプリットも私はちゃんと手に入れていた。でも、不完全なけものを聴いていた後に、ハバナイ!のライヴCDを聴いて、全然聴いていなかった。でも最近聴き始めた。まだあんまり馴染んでいない。


でも昨日、ひとりと、手紙を聴いた時には、これまでの気持ちとあまり変わらなかった。最近の曲はあんまり好きじゃないだけなのかもしれない。わかんないけど。


ただ、ちょっと地味だからとっかかりにくい雰囲気を醸しているのかもな。



だから、なんだっけ。なんだってこともないけど。昨日はとっても楽しくて、寒くて、あったかい夜だったんだよ。


今月はLOSTAGE月間で、また観る機会がやってくる。ワンマンもある。fandangoでね。



瞬きをする間に→こぼれ落ちたもの→窓→ひとり→手紙