読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の夜歩く


夜歩く君と、工場の脇の道を…云々


桜の咲く頃に、夜歩くと思い出す。曲はほとんど覚えていないけど、言葉はポツポツと。


私は急性胃腸炎を繰り返して、これまで体重を維持してきたのだが、前の彼とお別れしてから、急性胃腸炎地獄から脱出した。ほんとに急に、胃腸炎にならなくなった。


風邪もひかなくなったし、体調不良の割合が減った。なぜかはわかるようなわからないようなだが、よいことだなと改めて思う。

健康が1番。そのせいで、少し太ってしまったのだが、副産物で胸が大きくなった。まぁ、これから夏に向かうので、少し絞ろうと考えている。考えているだけ。仕事が忙しすぎて日々ヘトヘトなので、気力も体力もない。


君の目だけ銀色で、その銀色が言う。もし私が死んで幽霊になってしまったら、こんな夜の闇はもう、怖く無いのかしら。

だったかな。


私は夜が怖い。暗いところがこわい。1人で暗いところに行くことができない。もう大人なんだけど、怖いものがたくさんある。人がいれば大丈夫。ホラー映画では数多くの人間がいれば、幽霊だって晴れがましいからか、出てこないでしょう。


ゾンビと虫は人がどんなにいたって出て来るけれど。虫が潜んでそうな場所と、ゾンビが飛び出てくる場所は似通っている。どっちもこわい。


一緒にいる人には、虫もゾンビも幽霊も怖くも無いし、見たこともないよって人がいい。私も最近はなんにもみないけど、クソ田舎の実家に暮らしていた時には、色々怖い思いをしていた。多分、あの場所に問題があるんだと思うけど。


あのお家で怖い思いをしていたのは私と母と兄だった。特に階段が怖くて仕方なかった。新しくて、階段にもしっかり明かりのあるお家だったのだけど、ともかく怖かった。夕方から夜にかけて、怖かったな。いつも怯えつつ駆け上がっていた。

気を抜いて、ぼんやり階段を降りていると、声が聞こえた。数人が大事そうな話を相談しているような声。何を言っているのかまでは聞き取れない。階下の家族だと思って駆け下りると、ボリュームを、最小限に落として母が1人テレビを見ていた。


母もよく声を聞いたらしい。いつも誰かが相談事をしているような声だった。男女もわからないな。たまによく眠れなかった。金縛りにあったり、人の歩く音とか。ともかく夜が怖くて、カーテンの隙間からのぞく夜が本当に嫌いだった。

自転車を置いてる場所も嫌いだった。いつも怖かった。

1人で夜中リビングにいてしまうと、やっぱりこわかった。テレビの音量が勝手に変わったり、クーラーが勝手に着いたりした。


そんなこともお家を離れてから、一度もなくなった。実はわたしってもしかして霊感なんてあるのかもと危惧していたが違った。多分あの場所が悪かったんだなと、今は思う。


母とも話す。あのお家、なんかいたよね。って。子供の頃にも、大人になってからも、あの場所では見たり、聞いたりした。

家を出て本当に良かったと思う。個人的に私は地元愛が全く無いことに、この経験も一役かっている気がする。


誰か一緒じゃないと真っ暗な部屋で眠れないことを考えると、やっぱり元々怖がりなんだろうな。本当は夜、トイレにだって行きたくない。クソ田舎の暗い夜を自転車で帰るのが本当に怖かった。暗い田んぼの際限なく暗い空、なんにも見えないのに見えそうな夜が怖かった。


旅行とかで、田舎の夜道を歩くときは、お化け屋敷に行くよな心構えを持って、誰かと一緒じゃないと歩くこともできない。田舎の夜は暗いし虫もいるし、危険なんだ。


都会の夜は人が多くて、実害があるかもだけど、あのうすら怖さがない。明るいってだけで、楽に歩ける。しばらく私は夜の暗さの怖さを感じずに生きている。

怖く無いって、楽チンだよ、ほんと。


SISTER STRAWBERRY(紙ジャケット仕様)

SISTER STRAWBERRY(紙ジャケット仕様)


ソプラノレーザー

脱毛が完了した。

全6回で、結果的には殆ど無い状態。5回目にびっくりするほどつるつるになった。4回目までは、毛穴状況を試そうと毛の伸びるままに任せたところ、これまでとどれほど違うのか?くらいに生えてきた。

ちょっと焦ったくらいだ。

でもVIOは勿論、既に薄くなっていて、iラインなんて生えてないよな感じだったのだけど。


膝とひざ下は、元々とあんまり違わない気がした。やる意味あった??と思った。でも少し薄くなったのかなー?程度。


劇的に5回目で、殆ど毛が消えた。生えてこなくなった。お陰で下半身の自己処理はせずに済んだくらい。ただ、vラインは薄めになったものの、生えて来るので、長さの調整などは必要になる。


元々しっかり濃く生えているVIOは効果を実感しやすいのだろう。ワキとかもいいと思う。しかし産毛の脚は微妙な感じだったかも。でも、生えていないのは爽快。



最初の全照射はびっくりするほど痛かった。泣きたくなるほどではなかったものの、汗をかいてしまった。痛みで息を飲んだ。

ブラジリアンワックスの痛みと同等だと感じた。

2回目以降は出力を上げて照射しているので、あんなに目隠しをして横たわっていてもねむることはなかった。

まあ、膝とひざ下は寝てしまいそうになった。なんにも感じないけど、冷却ジェルが伸ばされて少なくなると熱っ!ってなる。ジェルがたっぷりだと基本的になんの痛みもありません。


しかしながら、最終のiラインはジェルをしっかり盛ってくれていたのだろうか、寒くて凍えそうになった。中心付近まで細かに照射してくれるので、ジェルが広がり凍りそうなイメージ。最終日だけ、そんな風に思ったので、出力に合わせてジェルをのせてくれたのかもしれません。


oラインははっきり言って余裕です。毛なんて生えてんのかって思ったけど、剃毛してくれるってことはなんか生えてんだろうな。でも、最終回は痛みなんてちっともなかった。


出力レベルが最終回に向かい上がっていくことを思えば、やはり脱毛する毛質が変化したり、量が減るせいだろう。痛みを感じる頻度は本当に減った。

iラインも殆どが余裕だったもの。時々ひゃーってなるくらいで。


まぁこれで、煩わしいムダ毛処理が無くなったので、もっと早くにしたら良かったなあって思う。


脱毛前には綺麗に剃毛する必要があるのだけど、脚の剃毛を久々にしたらカミソリに不慣れすぎて両足に怪我をしてしまった。しかし、もうカミソリで怪我をすることもなくなるのだ。楽だな。いつもつるつる。


ただ、4〜50日先の脱毛予約をするのが割と難しかった。生理を避けて、休めるところで、予約に空きがあるってこと。私は平日がよかったので、予約に困ったことはありません。順調に終わった。安いからワキしようかな。楽そう。

旅に出たい。




壁の向こうの空

f:id:lameretmusica:20170311231048j:plain




結局、終電まで仕事をしていた。やっぱり休みを取らないと19:30に心斎橋なんて無謀だったんだなと。bacho×gezanは見れず。京都、神戸は予定もしていなかったので見るすべもない。


病院などの予約をしていた為に休めた3/7に映画を観た。大和カリフォルニア。それでほんのちょこっとだけ、登壇したgezanを観た。映画中には大事な場面で割と長く出演していた。


今にして思うと、私にも反抗期はあったものの、あんな感じになってないなと。喧嘩なんてしなかったし、お母さんに怒鳴ったこともない。私はもっとちっちゃかったときの方が世界を悲観的にみていた気がする。


もう疲れたとか、このまま溶けてなくなっちゃいたいとか、そんなことを考えながら生きていた。退屈で、子供くさくて、下らない小学生から中学生の時代に。決められたことが本当に理解できなかったから。


毎日行かなきゃいけない学校とか、くだらない諸々に、絶対入らなきゃいけない部活とか、守らなきゃいけないことになっている無理やりされた約束、親のいいつけとか、先生の主張とか。まあ、いろいろ。馬鹿らしいなと。子供扱いしやがってと、イラついていた。子供だったがな。子供の私の世界は狭くて退屈で窮屈で、息が詰まりそうで、未来も希望もなく、しょうもない、なんの実りもない、クソ田舎のクソくだらない毎日だった。



私は私の人生を生きている実感なんてなかった。子供はみんなそうなんだろうかね。都会の子供は少し違うのでは無いかと思っている。どうかわからないけど。


今も昔も子供の世界は狭くて窮屈で退屈で息がつまりそうなんだろうか。どこに行っても、どこへも行けないのだと感じるものなのだろうか。ちょっと私は絶望していた。自分の状況に対して。悲観的だったというか、気づいてしまっていたというか。


私は宇宙飛行士になどなれないし、突然夢見たいなことがたちまち起こるわけなんてない。こんなクソ田舎で。自転車でどんなに遠くへ出かけていっても、結局私は府内にいたんだから。どこまで急いで逃げ出しても、いつも私は本州にいた。なんて絶望。


どこへも行けず、どこにもたどり着けず、何にも見えず、何にも手に入れたりしない。このアホみたいな部屋で、何もせず生きていくのが嫌で仕方なかった。子供でいることに不満だった。



1人でなんでも決めて、1人でどんどん進んでいける立場になることを目指していたんだな。私は。


2/28 GEZAN@新代田FEVER

GEZAN

みんなが待っていたのだろうって空気がパンパンに詰まっていて、私もすごい楽しみにしていた。度々、定期的にupされるトレイラーをyoutubeで見て胸熱になった。ドラムが抜けたってところから、メンバーを募集する模様、オーディションと、メンバーが決まった回と、その後。私は勿論部外者で、ただ眺めていただけだけど、あんな風に映像がupされていて、ドラマティックな模様が流れていて、そこには日常的にそのフレームにおさまっている人たちが4人いて。当然あんなの好きな人しか観ないだろうけど、ライヴへ行こうと思っている人間にとってはあれだけでも十分な効果を発揮している。少なくとも私には。

 

never endrollを買ったきっかけもyoutubeのトレイラーだった。全曲をちょっとずつ流していて、ライヴで聴いた曲がこれだったのかと思った。

 

最初に、wasted youthが始まった時に、思わずこみ上げるものがあって、全然関係ないのにね。でもなんだかすごいエネルギーだったのはみんなが待っていたからか。でも客席にポーンとダイブしたのを見てイエーってなった。楽しすぎた。

 

これからもずっと続いていきますって言ってて、そうだなと。あの日コンパスで見たGEZANとは全然違っていて、雰囲気とかいろいろ。私のこのバンドに対する印象がそもそも違うので、なんとも言い難いが。あんなに怖い怖いと思っていたが、別にライヴを観る分には怖くなんてない。当たり前だな。

待夢をソロで聴くと本当に泣けてくるけれど、この日はもっと明るく響いていた。新曲がいい曲だった。光ってましたわ。

mu-minがめちゃかわいらしくてズルいなと思った。ライヴで聴く方がいいな、これは。本当にかわいいい。アンコールで聴いたblue hourが素晴らしかった。音源の線の細さはなくて、ライヴで聴くと全然印象が違う。いい曲なので、聴いたらいいと思う。

 

hokageもいけたらいいなと思うけど。仕事が本当に終わったら行きたいな。まだわかんないけど。心斎橋だし、シュッと行けるかなー。

 

なんか清々しいライヴで。めちゃアツいんやと思うねん、みんな。それでお客さんもそういうとこを観に来てるんやと思う。いや、お客さんもアツいんかな。

私はダイブもモッシュもダメなので、GEZANを観る時は最後列から観ていることが多い。お客さんの腕や頭、脚の向こうにきらきら光るステージがあって。私にとってはお客さんの頭や腕とか込みの景色がGEZANのライブって感じで。きっともっと近くで見ている人たちと私では受ける印象は違っていると思うけれど、でも遠くでも大丈夫。そんな距離なんてポーンと飛び越えてる気がする。

 

 

 

2/28 LOSTAGE@新代田FEVER

f:id:lameretmusica:20170303235046j:plain

 

 

品川に泊まることにした。勿論東京駅でもよかったのだけど、駅近のホテルでないといやだった。翌朝は6時の新幹線で帰るのだから少しでも余裕をもっていたい。本当は夜行バスで帰ってこようと思っていたのだけど。大阪到着時間と東京出発の時間を考えても、可能性のあるバスは1台しかなかった。もしも、今回のライヴが22:00に終わるってことならバスで帰ったと思う。

復活ワンマンで20:00に始まるとして2組のゲストで。何時に終わるのだろう。最後まで見れないなんて嫌だった。新代田から東京駅までがどのくらいなのか調べて、宿泊しようと考えた。最初より勿論予算がかさんでますけどね。仕方ない。本当に、最初復活ライヴだって聞いた瞬間に行きたい!!って思った。でもいろいろアナウンスされて3/6にhokageで2マンすることもわかった時に、東京まで行く必要があるのか??とちょっと自問した。こんなに忙しい時の、やっとやってくる休みに、わざわざ東京まで行ってホテルに泊まって、早朝戻るなんて馬鹿みたいだなと思った。

 

でもLOSTAGEが出て、GEZANが出てテニスコーツもでるならやっぱり見たかった。LOSTAGEなしのGEZANを私は今まで見たことがない。ことにも気づいた。

結果的に、宿泊が正解だったと思う。アンコールも見れたし、物販でhomework17を買うことができた。

 

feverは初めてだった。というか東京でライヴ見ることが初めてだった。沢山のひとがいて、本当によかったなと思った。何目線なのか。

私の勝手な持論ですが、大阪のライヴは実は静かなんじゃないかと思っていて、なんかLOSTAGEの東京ライヴを聞いていると大阪より盛り上がっているから。まあいい。

 

my favorite blue

戦争

新曲×3

surrender

ひとり

だったと思う。新曲は【あふれそう、こぼれてしまいそう】ってのと【ララライと歌っては】っていうめちゃいい曲と、本当に初めて聴いたやつ。歌詞も覚えていないって言ってはった。新曲のギターが本当にかっこよかったな。出だしがなんかもういいです。うわーってなります。

夏に音源が出るってことなので、本当に楽しみ。何って音源が出る時にしか行われないワンマン。もうちょっとやってくれてもいいと思うけど。いろいろあるのだろう。

 

私はタイムリーに知らないけれど、4人のころの曲も本当にいい曲が多くて。あんなにたくさんの曲ができたってことはなんだか途方もない気がする。どうやって管理しているのだろう。頭の中で。忘れちゃったりするんだろうけど。

 

私は今回、復活のGEZANを観るためにfeverに行ったのだけど、入り口で誰を観に来られました?に、いつもの癖でLOSTAGEです。と答えた。口癖ってすごいな。まあ、LOSTAGEじゃなきゃ、東京まで行ってなかったかもだし。実際に観れてよかった。

 

かっこよかった。後の方でみていたけど、和やかで本当にたのしかった。

 

 

LOSTAGE AT SHIBUYA CLUB QUATTRO

LOSTAGE AT SHIBUYA CLUB QUATTRO

 

 

2月の終わり

毎日終電で帰っていた日々に嫌気がさして、逃亡したくなったわけではなくて。ちゃんとした休みを取って私は2月の最終日に東京へ行った。

 

勿論、翌日は仕事だったので、帰ってこないといけなかったし、久々の休日だったのでただただお天気の良い空に飛んでいきそうなくらいの軽い気持ちを持っていて、これまでの疲労続きの日々なんて何もなかったようなくらい。足のむくみだってとれちゃったんじゃないかな。なんて思った。

 

朝はいつもより1時間くらいゆっくり眠った。それから洗濯をして掃除をして、今にも笑い出しそうな妙なテンションで家を後にした。明日の夜には帰ってくるのに、まるでしばらく帰ってこないなんて気持ちになる。幻想。

 

少し寒さも和らいで、昨日天気予報で気象庁的には3月って春なんですよって天気予報士の人が話していたなぁなんて思う。キラキラ光る空と冷たい風と見上げた高速道路。地下鉄の入り口に差し掛かって、お休みだという喜びをかみしめる。別にワーカホリックなんてもんじゃない。こんなの不本意だ。

正午前に新大阪について、それから、にやにやをかみ殺して新幹線に乗り込んだ。私は移動することが大好きだ。新幹線も飛行機も。新幹線は仕事の人が多いからそれほどわくわくに満ち溢れた人がいるわけでもないが、飛行機は旅立つ人が多くて、とても好きだ。

 

眠くて仕方がないけど、変なテンションなので、スマホで今日いく場所を決めようと、tokyo art beatのアプリを立ち上げたら、以前と表示が変わっていて、私は何を観ようと思っていたのかさっぱりわからなくなった。

まあ、その程度だったのだともいえる。検索か人気かしか表示しないので、東京に土地勘のない私には到底調べようがない。【人気】を眺めていたらchim↑pom無人島プロジェクトを見つけた。写真が載っていて、これに決めた。

 

清澄白河…これまで生きてきて聞いたことがない。一体どこだ。

住所なんかでわかるわけがない。○○区なんてわかるわけない。今日の夜には新代田に行ってることだけが決まっている。そんな2/28だった。

品川→清澄白河の乗り換え案内は後で見るとして、清澄白河でランチを取ろうと決めたのだけど、私は移動中に文字をしっかり読むことができない。検索中に酔ってしまいそうになって、目を閉じた。気付いたら新横浜だった。

 

ははは。私は元気だ。仕事の引き継ぎ漏れに気づいたが、なんだか気持ちに余裕がある。ランチをとりながらメールしようなんて思って、新幹線のホームからホテルまでの時間をはかるために、ストップウォッチを開始した。

 

 

Because Brain tells me!

Because Brain tells me!

 

 

 

 

3月からは春だそうです。

f:id:lameretmusica:20170303000553j:plain




とにもかくにも、荷物が受け取れないわけです。今はコンビニ受け取りなどのサービスがあるものの、対象ではないらしく、私は最遅の20:00の壁を越えることがどうしてもできなかった。


ラストチャンスと思われた土曜日に顰蹙を買いつつも、強引に仕事を切り上げたものの、21:00をまわってしまって、手も足も出ない。もう荷物はかえってってしまう。やっぱり宅配ロッカー付きのマンションに引っ越そうかな。


ああ、いつ荷物を受け取れるのだろう。

目を閉じれば、立ったままでも寝てしまいそうな日々。疲れた、眠い、お腹減ったが口癖になりつつある。とうとう電話を取って、なんて名乗るのがわかんなくなる。そんな日々。


やっとやってきた休みに、お家にいることにも大阪にいることにも嫌気がさして、東京へ。勿論そんなわけではないのだけど、ともかく東京へ来てみた。

ライヴで関西圏を出るのはマイルールに反するので、初めてではあるが、ワクワクしすぎて、疲弊した日々も白く光って飛ばしちゃうくらいの威力がある。


初めての場所。初めて歩く道。ピカピカの空。風が冷たくて気持ち良い。


あの日の東京