8/18FANDANGO "of Emerald"

ライヴが始まる前に、すでに物販にタカさんがいたので、早々にスプリットを購入。勝手に7吋とおもってたけど、CDやった。あれ、ちっちゃ!と思ったものです。


フロアではLOSTAGEのin dreamsが流れていて、来るときに聴いていたので、まるで私の頭の中みたいだった。



メシアと人人

メシアとヒトヒトと思っていて、それに、なんとなく大人数バンドやと思い込んでいた。ヒトヒトやから。メシアとニンジンと読むそうです。それに2人やったし、1人は女の子やった!それに、めちゃかっこよかったわ。ロックてこういうのやと思う。voの彼が、ビッグバードのすごいティシャツ着てはった。音源欲しかったけど、見つからんかった。



踊ってばかりの国

ここFANDANGOの空調は素晴らしく、快適に観ることができたー!なんかよく見えた。都合3回目にして、ようやくちゃんとみることができた。飲みながらゆらゆら踊って楽しいライヴやったな。ええ曲があったよ。なんだったかな。


GEZAN

最高に、最高。なんかもう凄い。いつ見ても、夏のような感じ。今は夏だけど。こないだまで、まるで夏が終わったような風が吹いてて、とっても悲しかったけれど、まだ夏と思ったわ。空調が快適で暑苦しさは1mmもないけど、またもや、手を握りしめてドキドキしてた。

endrollが、ほんとに最高に響いてた。クラクラする。


今日は、目に見えない何かをちゃんと呼んどいたんで。会えない人とか、好きだった人の嫌な思い出とか、やなことも、全部、ここに来るようにLINE昨日してるんで。その目に見えない何かに向けて。


みたいなことを言って、待夢を歌っていた。この曲を聴くといつも思い出しちゃって、泣けてくるけど。なんちゅう歌や。


どこがかっこいいとか、なにがいいとか、うまく言葉にできないのだけれど、一度ライヴを観るとそれはすぐにわかるのだと思う。そこはキラキラしてて、何かを見据えて歌う人がいて、でっかい尾獣玉みたいな音楽を全力でぶつけてくる人たちがいる。


その場に貼り付けになる気分の時も、ふわふわ飛んでっちゃいそうな時も、盛り上がってる時も、最高な気分になる。なんでもできちゃいそうな夜に、ハードルなんて軽々飛び越えて走り抜けていく彼らを観ると。



最後の悪あがき

最後の悪あがき


8/9難波ベアーズ『of Emerald』

8/9にベアーズで、GEZANと踊ってばかりの国のツアー初日。この日はソールドしていたらしく、暑い日に死にそうだった。


むわむわして湿気を含んだ夏の空気に圧されながら、夜の道を歩いてベアーズに入った。前に来たのは、五味さん、マヒトさん、ゆうきの3マンだったっけ。OAの黒岩あすからしき人。の姿は全く見えず、ただ歌だけが聴こえている。私から見えるのは、人々の後頭部と首と、タバコの煙。ライトが見えるが、照らされているはずの人は見えない。椅子に腰掛けているのかな?


人がわらわらといて、進み入ることはできない。しかしながら、ドアが開き、人が入ってくるたびに、奥へ奥へと押し込まれていく。「この空調MAXか?」と聞きたい。暑くて倒れそう。時折、人の動きのせいなのかなんなのか、空調の涼しい風が私に届く。ヤバイ。


歌なんて聞いてられないわ。暑すぎて、腰が痛すぎて、そして、眠すぎて。


GEZAN

blue hourから始まった。人がステージに詰めかけたので、私は結構快適になって、ちゃんと呼吸もできる。それに、これまで観たどの時よりも近くで観た。的確に、鋭く確かに射抜くような目で、前を見て歌うのだな。


とても力強く、確固たる何かを持って、そこにいて、やっぱりちょっと泣けてきた。途中で、じわじわ汗も出て来て、気づくと、手を固く握り締めていた。そわそわして、ドキドキして、興奮しているのか、熱中症手前なのか、よくわからなかった。


son of a beachは試聴した時よりもライヴの方がかっこよかった。absolutely imaginationのMVを観て泣けてきたけど、ライヴではもっと、まっすぐ、突き抜けていく感じがした。なんなんでしょう。この人たちは。


耳がジンジンするほどの音で、まっすぐ全速力で突き抜けて、全部こそげ取って行ってしまった。私は朝から腰が痛いんだった。でもこの時間は痛みをちっとも感じなかった。


暑くて死にそう。を繰り返して、GEZAN後に外に出た。時間がどのくらいかわかんないけど、ただただ満足で、汗だくで、コンビニに向かった。


踊ってばかりの国

確か大昔にカミコベ?かなんかで、観た気がする。しかしながら、記憶にない。

前に詰めかける人よりも、その場で楽しむ感じの為に、私の空気が足りない。腰もやばいし、なにより息苦しい。限界を迎えそうなので、離脱。立っていることに集中していたお陰で殆ど記憶にない。


7inchも買えずに、断念。FANDANGOにてリベンジの予定。結局、その夜半に貧血のような吐き気とめまい、バラバラになりそうな身体を横たえていたものの、興奮のあまり眠れなかった。


なんかわかんないけど、なんかがあるといつも思う。何かは、よくわからない。MVもいいんだけど、ライヴを是非観てほしいなと思う。うまく説明ができないから。


言いたいだけのVOIDのMVは、ほんとに良いけどね。何回観たかわかんないくらいに観ている。


Absolutely Imagination

Absolutely Imagination





in dreams @NEVERLAND

2017/07/21

RED

mfb

人間ロボット

butterfly

flowers

baron

母乳

楽園

ひとり

surrender

blue

nagisa

goodluck


手紙

2:50


in dreamsのアルバム曲順で、休憩をはさみ、旧曲たち。この曲順ではないものの、冒頭、ラストの2曲だけは正しい。アンコールの2:50が終わり、拍手がおさまりかけたところで22:42で。私の終電は22:52だったため、ギリギリ。もしか、この後何かあったのならわかんない。


奈良はもちろん大阪より遠いけど、終電が早いのは地下鉄の終電が早いからだ。でも奈良から帰るのに終電がかかわるなんてライヴだけやからな。まあよい。


butterflyって初めて聴いたような気がするくらい、新鮮だったけど、なんかやっぱりLOSTAGEなんやなと思った1日だった。お客さんもたくさんいて、楽しかった。おっさんとババアと。って言ってたかな。みんな歳をとるんだよね。15年観ているわけではないので、最初から知らんけど、バンドもお客さんも歳をとる。音楽は歳をとらないけれど。


2部構成になってて、確かに3時間あって、ずっとLOSTAGEだったので、満足。MCもかなり長くて、でも変な空気にもなんなくて、和やか。でも、歳をとって丸くなったって言われるけど違う!って言ってた。殺すぜ。と何を殺すって言ったんだっけ?忘れたけど。


丸くなるんじゃなくて許せるものが増えるみたいなことをタクトさんが言っていたので、確かにそれはそうかなと。丸くなるかなんて、元の状態にもよるし。たくさん喋ってて、岩城さんも喋ってた。辞めずにLOSTAGEを続けてほしいものです。特別好きなので。


レコ発以外でもワンマンしてくれたら、3マンなんて行かなくなるかも。でも3年ぶりワンマンで、3年前のワンマンに行った時のブログを読み返したら、ライヴ模様以外のことが蘇ってきた。その為のブログだな。



古い曲もたくさんだったけど、曲がたくさんありすぎて、聴きたい曲が出てくるのは難しいね。in dreamsに僕のものになれ。という曲があって、Twitterで初のラブソングとか言われたけど、全部ラブソングや!って言ってた。全部は嘘やと思うけど、ラブソングって何をもってラブソングなんやろ?


ベルセバif you find yourself cought in love.はラブソングと思う。LOSTAGEのラブソングって何?



楽園入り↓殆ど聴いていないので、久々に聴こうかな。


CONTEXT

CONTEXT


absolutely imagination

f:id:lameretmusica:20170715182642j:plain

この曲は、これまで、ライヴでも何回か聴いている曲で、こみあげるものがある。ライヴで聴いても、今回音源で聴いても。



本当は今日fandangoに行きたかったけれど、諸事情で断念。でもTwitterでマヒトゥザピーポーが歯を接着剤でつけたと言っていて、そんな人がライヴするんならほんと行きたかったなぁと思ったわ。

あ、歯を見たいわけではなくて、心意気の方です。当たり前や。


また来月だけど、行きたいなあ。


レコードプレーヤーを出したので、mars cokeとmint youも聴いてみた。めちゃいいな。好きすぎる。いやいや、好き過ぎるってどういう状態?好き、過ぎるって何。何かに対して過ぎているのか。ようわからん日本語や。


あついな。本当に、夏です。


ライヴ・アット・ザ・バタクラン(CD+DVD)

ライヴ・アット・ザ・バタクラン(CD+DVD)





feel so

Fantastic Drag

Fantastic Drag



仕事が立て込んでいたので、その隙をぬってライヴへ行ってきた。have a niceday!ハバナイを。6/30→7/1の両日とも別の場所でライヴがあった。7/1のコンパスが観たかったのだけど、どうしても行くことができないため、6/30のTRADへ。どこ?と思ったらakasoの名前が変わったんだった。


ただ、めちゃくちゃ久々に行ったけど、広いな、ここ。その上衝撃的にガラガラで、広さを心底実感。こんなのいつぶり?くらいにガラガラだった。いつかのサマソニで観たmaximo parkくらいに。なんかのイベントでいったvijonみたいに。


人がパチンコ台のピン、釘?みたいって形容してた。そんな感じだったんだよ。確かに。ポツポツ人がいて、前に詰めるでもなく、人との適度な距離を保ってた。



ハバナイで、みんなが前に詰めてったけど、本当に少なかった。みんな明日を観に行くんだよねー、と思ったわ。でも、こんなにガラッガラだったので、思いの外近くから見ることができたよ。


素敵すぎる、ハバナイ。かっこよかった。早口すぎてあんまり聞き取れなかったけど、お前らには2度と会いたくない!みたいなやつ。


音源とライヴには大きな差異があって、全然違う。楽器が違って、歌のテンションも。テンションって言い方でいいのかわかんない。なんかやっぱり指揮官風な。

またライヴ行きたいなー。


今年の夏はLOSTAGEもGEZANもたくさんライヴするぽいなー。


花粉・埃・黄砂


結果的には肌のピリピリがようやく落ち着いた。


なんとなく、石鹸だけで、夜の洗顔を済ませることがどうしてもできず。アイメイクは通常なので、ポイントメイク用のクレンジングを使い続けていたのだけど、アイメイク以外は、ミルククレンジングを使うようになっている。


なんとなく、ピリピリが落ち着いてきていたものの、ほっぺ、口周り、鼻の赤みとひりつきは軽くなっていたが、継続していた。

化粧水や、洗顔など全てを変えても以前のヒリヒリしない肌には戻らなかった。随分きれいに戻ったんだけれども。

もう病院へ行くしかないのかと思って、ネットで発酵化粧品を検索していたところ、オリファとアルケミーを見つけた。


発酵化粧品ランキングなるサイトでたくさん取り上げられているので簡単に見つかります。¥1,000程度でお試しできるというので、オリファとアルケミーを買いました。

アルケミーは正直、なんかよくわからないな。普通。超乾燥肌には物足りないのかも。

オリファは翌日に肌が変わった感じがした。初日の変貌に手応えを感じたので、継続することに。赤みが消えて、乾燥も徐々に改善しつつある。6日間のお試しだけど、すぐに変化を感じた。


そして、dプログラムのアレルバリアエッセンス。夜にできていたプツプツ赤い発疹やかゆみが出なくなった。

ファンデーションは24hのスティックを使っているが、化粧崩れをしないのか。薄づきで、崩れて見えないのか、きれいに落ちてしまっているのか。なんか調子がいい。

24hプレミアムスティックカバーF ライトナチュラルオークル

24hプレミアムスティックカバーF ライトナチュラルオークル


d プログラム アレルバリア エッセンス 40mL

d プログラム アレルバリア エッセンス 40mL


クダケネコ

個人的には、サーキットイベントが好きかと言われれば、たいして好きではない。


1ライヴが30分てのは短いし、観たい人をちゃんと観れないとか、または会場の問題で間に合わないとか、そういうことが起こるから。でも、ちょっと興味あるなぁって人を気軽く観ることができるのはイベントならではなので、チェックするキモチと、めんどくささに折り合いのつく人なら楽しいでしょう。

結果的に、私は楽しい方なんだが、本当に観たい人はライヴで観るほうがいい。イベントでLOSTAGEを観ると物足りないなと思うのですが、今回も確かに短かったけど、物足りなさはあんまり感じなかった。

さようならおもいでよ
ガス
ポケットの中
人間ロボット
2:50

新譜から選曲されるだろうことは思っていたけれど、後ろ2曲がここで聴けるとはと思ったので、素晴らしかったです。アートハウスは割と行く場所なんだけど、ここでLOSTAGEが観れることはとても嬉しいなと漠然と思っていて。でも、広さ的には奈良ネバーランドと同じくらい?

既視感というか、なんというか。
7月のワンマンがとっても楽しみになったー!アルバムもじわじわ名盤の風情。

age factoryは記憶より、想像より、泥くさい感じがあります。なんかあしたのジョーを見ているようです。見た目は勿論若いので、そんなことないんですけど、曲とかほんとに、泥くさい以外の言い方が見つからないんですけど、なんか違う言い方をしたい。でもわかんない。
五味さんはage factoryを奈良のドブネズミバンドと形容していた。わかるけど。voの人可愛らしい感じの人なんですけど、泥くさいですよねー、不思議ー。


そういえば、古舘佑太郎、合ってるかな。の新バンドが出てたらしいけど、知らなかったー。見ておきたかったなあ。THE SALOVERSはライヴを何回か観てて、好きでした。見たかったわ。後から聞いて、ガッカリしたな。2ってバンドだったけど、検索引っかからないよね?多分。それが狙いなのかなぁ。

他にも観たのですが、感想などは割愛。スプサマも見たかったのだけど、諸事情により断念。

こーいうサーキット系は、人と一緒に来ても別行動になることが多くて、最初と最後だけ一緒って感じ。三ノ宮はライヴハウスが多いし、チキン周辺は移動も便利。ただ、駅の反対側はちょっと移動を考えないと見逃すよね。

ネコフェスのテーマ大全集

ネコフェスのテーマ大全集

  • シェンフーシュバイツ
  • エレクトロニック
  • ¥900