読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/17 SHOWNEN LOSTAGE/toe

f:id:lameretmusica:20170219014943j:plain


なんの写真かってセトリです。


2/17 toe × LOSTAGE @ neverland 

LOSTAGEのセトリです。上手く撮れなかったので、読めない部分があるけど、新曲です。


なんか久々に観た気がする。ザゼンとツーマン以来のような。昨年の10月あたりはlostageを観る機会が多かったので、しばらく観なくていいかなと思っていて。久々だとやっぱりかっこよかったです。新曲も増えていて、いい曲で、音源も楽しみだなぁと。


なんかね、いい曲なんですよ。15年前となんも変わっていないってMCで話してはったけど、本人がそういうならそうなのかもしれない。同じ人なので、きっと根源は同じなんでしょうね。でも前回のguitarでちょっと曲がり角曲がったみたいな気がするんですけどね。曲がり角曲がるって表現はあんまりよくないのかも。違う階層に行った感じがある?のかも。


ライヴで曲単位で並ぶとそうでもないけど、アルバム単位で見るとちょっと違うというか。そんなこと言ったらECHOESから違ってきたのかも。何が違うって、これまでの私の中のイメージと違って来たような。



うまく言えないが、昔の曲と今の曲って感じがする。イントロが長いとか、いい曲ってのは一緒としても。

でも、戦争って曲に、僕らは正しい、いつだって。君らは楽しい、いつだって。

みたいな部分があるのだけど、とてもらしいなと思った。勝手に。



最近はMCも面白くて好き。人でパンパンのneverland もいいね。奈良に人がいるのはいいことやと思う。


toeを観るのは2回目で、かっこよかったな。お客さんがいつもより身長高めでした。neverland でソールドしてしまうような時は早めにチケットを取っておかないと何にも見えないという事態に。今回は50番台だったのだけど、結局100番目あたりってことで。まあ、顔しか見えなかった。toeの時は顔も見えなかった。


といっても小さな場所なので、どこにいても音は充分なんですけどね。aiming for enrikeと8ottoLOSTAGEのスリーマンがneverland であるそうだ。3月末ってもう、少し春めいているのかなー。早く冬は終わってしまえばいい。


Segway Nation

Segway Nation



コーヒーはブラックです

f:id:lameretmusica:20170213155337j:plain


大きな月が出ていた。その日は明るくてまんまるの。

夜を歩くと月を見上げて見たり、星を眺めてみたり。上を向きすぎて歩くのは、きっとあまり良くない。


雨の日は勿論見上げながら歩いたりしない。傘を差しているし、曇って星は出ていないから。あの星に名前があるとして、私にはわからない。星座もわからないし、ただチラチラ光るのを、見ているだけ。いや、見ながら歩いているだけ。


こないだヱントツコーヒー舎に行った。千本今出川にある。ほんとはある日、下鴨yugueに行く予定の日に行こうとしていて、行けなかったのだけど。こう見るとカフェのハシゴみたいだけど、yugueはライヴの為だった。


それで、今回は京都のお友達とヱントツコーヒーに行ってきた。ネットで色々記事が出ているので、平日でもお客さんがたくさんだった。と言っても小さなところだけど。


友達と会うと、お話をするだけになっている。特に年上のお友達になると殆どそう。一緒に買い物に行くなんてことはない。結局、カフェのハシゴとか、カフェからお酒へ。になるのだけど、たまにはいいか。



甘い食べ物はいいが、甘い飲み物はダメ。

紅茶に砂糖は入れないし、コーヒーにも入れない。コーヒーに砂糖を入れると苦味が引き立つので、1番美味しい飲み方は砂糖を入れるものだと誰かが言ってたような気もしないでもないが、そんなことは知らない。


甘い飲み物は太るので、飲んではいけない。この母親からの刷り込みのせいなのか、清涼飲料水を飲むことは体に悪いことしてるって気分になる。だから、たまに飲むこともある。


体に悪いことをしたくなった時に。


来日するそう。観たい。



Life Without Sound

Life Without Sound


茫漠な日々

f:id:lameretmusica:20170212192702j:plain


新しい場所に行くことを忘れていた気がする。いつからか物怖じしてしまったり、のびのびすることを忘れていたり、面倒に感じてしまうこともあるからだろう。


ありふれた場所のよく見る景色の、曲がり角の先には、先日まであった建物が取り壊されていて、更地になっていて。だからといって何があって、何が壊されなくなったかなんて、覚えてなどいない。

例えば昨日とおんなじ人と、今日ここですれ違ったとして、私は気にも留めないと思う。それほど、茫漠な日々。



毎日仕事をして生きていて、進行形で生活をしていて、とりとめがないなんて、どうかしているが。普段の生活範囲を外れた時にだけ、記憶が残っている。


ほんとのことを言うと、私は記憶力が悪い方ではない。結構覚えている。誰があの時、なんて言ったとか、私はこう思ったとか。あれは何時だったとか。雨が降っていたとか、TVがついていたとか、ニンニクの匂いがしたとか…

だけど、正直、どうでもよい。そんなこと。残したい記憶とそうでない記憶ってやつだ。後者の記憶を残すために前者が消えるなんて困る。だからって、そんな操作ができるわけではないのだけど。毎日いろんなことが行き過ぎて通り過ぎて、すり傷を作ったことすらはっきりしない。


そのための、備忘録にしておく。

忘れないことと、このとき思ったことと、感じたこと、忘れたくないと思ったことを書いておく。


バラバラの断片をなんとなくつらっとまとめてみたり、断片のままだったり。


turry'sの飲み物のなかではカプチーノが1番好きです。


これに入ってるmint youが好きです。


SCHOOL OF FUCK 300枚限定 7インチ アナログレコード

SCHOOL OF FUCK 300枚限定 7インチ アナログレコード

ほんとにあるもの


f:id:ms97mr:20170203120256j:plain



そんなこんなで、カフェライヴ克服した訳だが、それでもまた迷っている。またあるんですよね、大阪で。こないだぷらりとそのカフェにランチ行ってきたら、いい感じの場所だった。


最近はあんまり馴染みのない場所の行きたいところを見つけて地図とか見つつ行く。あの昔はよくしたなぁってやつを、またやっている。楽しい。旅行気分なやつ。暇なんやな。多分な。やらなあかんことは、とりあえずほっといて、忘れてしまって、ふらりと出かけることにしてしまう。


大人としてはよい行いとは言えない。と思う。現実逃避なのかもしれない。そうかも。



このあいだ、沈黙の次に美しい日々。を手に入れて、単純にneverendrollがこれにすり替わっただけなんやけど、聴いている。これは暗いよ。って教えてもらったのだけど、gezanの曲って暗くはないし、いつも底の方がぽわっと光っているので、大丈夫だよと思って聴いた。


最初はおお、暗い曲があるな。と思ったけど、暗い曲なのかわかんなくなった。ヒリヒリする感じの曲があるものの、全てがそうではなくて。ぷかぷか浮き上がって飛んでっちゃいそう。独り言を詰め込んだような静かな夜から朝にかけての音楽のよう。独り言ではないやろけど。

これを聴きながらいつもの梅田を仕事終わりに歩いていたら、いつもと違って見えたものです。映画みたいなね。


美しいって形容されているものが多いのだけど、私はあまり美しい曲だと思って音楽を聴いたことはこれまでにありません。なので、よくわかりませんが、ええ曲やなと思うことはよくある。

いい曲が出来上がるのって一体どんななんだろう。どんな気分なんだろう。おれ、天才やな。とか思うのかな。アホっぽいけど、私やったら思うな。天才やと。


私、美しいって形容を殆どしてこなかったことに気付いたわ。綺麗と美しいってなんか違う。



新しい場所は新鮮で刺激的で。かつ居心地の良い場所だったら満ち足りた気分になる。思い立った自分にも、たどり着けたことにも、ここにあった事実にも。



下鴨あたり

f:id:ms97mr:20170129011220j:plain




ライヴハウスなら何にも迷わないのだ。


出町柳にあるyugueにてライヴがあった。初めていく人は見過ごすだろうと言われていた所だったし、私は地図をみていたものの下鴨神社しかわからないので、迷うだろうと思っていた。


なんのサイトだったか、下記の言葉を抜粋してメモして行った。


(葵橋東詰から下鴨本通を北へ、下鴨中通との分かれ道のところのあります。叡電出町柳駅から15分くらい)


これで無事にたどり着きました。といっても店の前に人がたくさんいてたので、わかっただけです。きっと見逃す感じだった。


スズメンバ、マヒトゥザピーポー


ここの前に、行きたかったカフェがあったのだけど、時間配分ができずに行けなかった。行っていたら、ここのライヴには間に合わずなとこだったかも。


何をそんな迷ったのか。




カフェでライヴ

ライヴハウスのライヴと何が違うねんという人もいるのかもだが、大いに違う。

ビルボード大阪に1人で行くのなら必ずカジュアル席をとりますよ。カウンターで軽く飲みつつ見ることができるから。

テーブル席は4人掛けなどになっており、ステージには近く、食事ができるが、なにやら気まずい。座ったことないけど。

そんな感じ。


一つのテーブルを全然知らない、お友達たちとかカポーと囲むのはなにやら気まずい。


カフェでライヴにありがちな予感の、座席問題。友達であれ、彼氏であれ、誰かと一緒なら座席問題はほぼクリアされています。


次に、チケット問題

今回もだったが、基本メールにて予約。ライヴハウス予約のフォーマットを思い出してみる。単純に知らない人に知らない人からメールが来ちゃうこのお邪魔します感に緊張するわ。

でも相手方はいつも丁寧で、色々記載して頂き問題は微塵もありません。


そもそもの問題は、空気感や挙動である。ような。気がする。

今回は全体的にゆるゆるしており、とても居心地のよいカフェだった。オシャ過ぎるカフェは落ち着かないものだが、いい所だったな。また行きたい。



畳の敷いてある定員25名のお座敷に、ピアノの椅子の座面や、ベンチ、おざぶや敷物の敷かれた場所で、窓際には椅子と、譜面置き。


マヒトゥザピーポー

裸電球をプチっと切って、窓からはいる街灯の明かりだけで始まった。人がいると暗闇も怖くないものです。


知ってる曲は前にも聴いた石と花の曲、待夢、never endrollだけ。他にも数曲あったけれども、なんかいい曲だった。なんだろう。モジモジしちゃう弾き語りライヴではなかったな。


夜空ノムコウをカバーしていて、確かに聴いたことはあるものの、こんな曲だったんだなぁと改めて感じたわ。いい曲やったんですね。


スズメンバ

初めて観たし、YouTubeでも一度も聴いたことがないので、本当に初めてだった。なんかほんといろいろの感じで、ぽわんと聴いておれた。また大阪でも観る機会があるぽいので、行ってみようかな。


今日は寒さも和らいで、座敷は人が沢山いたのであったかくて、眠たくなって来た。割とつめてすわっていたので、おしりの骨が痛くなって、三角座りは痛い。横坐りしては足が痺れたり。


飲み物も美味しかった。500円だった。カフェだと飲み物の種類も多くていいかも。楽しかったな。

行けるやつ、行けないやつ

f:id:ms97mr:20170107222717j:plain




元旦に平城宮跡では凧揚げをしている人たちがいた。凧揚げって久々にみたけれど、なんだかなんとも言えない気持ちになりました。懐かしいな。近鉄で大阪から奈良に向かうと、新大宮〜奈良駅の間に平城宮跡を突っ切っていく。朱雀門西大寺が1番近いらしい。


小学生の時に、遠足で平城宮跡に行ったことがあるのだが、私の記憶が確かなら、多分平城山から歩いたと思う。非常に辛かった記憶があって、昨日なんとなくGoogleマップを見て納得。正気の沙汰じゃないな。健脚を育てるためだったのだろう。


田舎の子は歩かざるを得ないからな。町の子になったことがないのでわかんないけど、多分、子供の数が少ないために、小学校も沢山ないわけだし、遠くたって歩いて登校しなきゃならない。田舎ってことは電車だって不便ってことだからね。単線なんだからね。今も昔も。もう住めないわ。



もう、1月も終わりに近づいている。去年からまたもやゴタゴタが始まって、いい加減苛々している。全然先を見据えることができない。いつも、定期的に何かを始めようとすると足枷を思い出させる。



今年は既にライヴ初めをすませているんだな。イベントだったんだけど、前回はいいバンドを知れたのだけど、今回は特になんの収穫もなし。友達と楽しい時間だったなーってぐらい。


今はこれから行きたいなと思っているライヴに行くのかをずっと迷っている。飽きもせず。迷う。


ライヴハウスに1人で行くのはなんのためらいもない。1人でご飯屋さんに行くとか、飲みに行くとかの高いハードルを思えば、1人ライヴは1人ドトールくらいの気楽さと考えれば良い。


1回分友達との飲みをライヴにすり替えるくらいの価格で、一杯のビールと音楽で、2-3時間楽しめる。日本のバンド価格なら。


何をそんなに迷うのかというと、ライヴハウスではないから。カフェでのライヴ。。

あのー、カフェライヴって、急に1人のハードルが高く感じるのだけど。違う?


じゃあ誰か誘えば?って私も思った。そんですぐに答えた。誰を??

誰も聴いてないねん。唯一知ってるかなー?って思った人でさえ、知らんかったし、YouTubeで見て、え?って反応だったわ。


誰もいない。ライヴに行けば、好きで聴いている人もたくさんいるのに、ここには誰もいない。そうだ、誰もいない。人は出払っています。


こんなバンドでね、こんな感じでね、何系でね、なんて話をするのも疲れた。だから1人で行くのだ。


ライヴハウスのイベントも1人でいける。長丁場でも、昼下がりからライヴ終わりが普通のやつなら問題ない。


1人で行けないものもある。野外フェス、クラブイベント、22:00とかスタートの朝までのやつ、カフェやイベントスペースの弾き語りイベント。最後のやつは1人云々の前に乗り越えるべき壁が多すぎて、誰かと一緒なら立ち向かえるものなのかもよくわからない。


今回悩んでいるのは最後の、どうしていいのかわからない部類のやつ。なんで、カフェでライヴするんだろう。なんで??



わからん。行きたい。1人でも。カフェだったら、飲み物は美味しいやつ飲めるのかな。どうせ500〜600円払うならカフェのが美味しそうだな。別に美味しいなら800円でもいいけど。



ビアレッティ 直火式 モカエキスプレス 3カップ

ビアレッティ 直火式 モカエキスプレス 3カップ




顔に見える。

f:id:ms97mr:20161228122833p:plain


毎年のことながら、年末に向けて風邪をひいてしまう。この時期は大好きなんだが、いつもヨボヨボになる。しかも、なんだか今年は変だ。いつまでもグズグズと停滞している。


忙しいのは仕方ないものの、今年はいつもよりごちゃごちゃしているからな。クリスマスは寝込んで過ごした。風邪をひいていると風邪薬を飲んでいることもあるのだろうが、めちゃめちゃ長時間寝ることができる。


疲れていたのもあるのだろうな。

ともかく私は風邪のひき始めなのかアレルギーなのかがわからないのだ。発熱した時に風邪だなと気付く。

どこかで、サラサラの透明な鼻水は風邪ではないと読んだことがあったので、とうとう花粉症が発症してしまったと思い込んで耳鼻科へ行ったら、風邪やね。と言われたことがある。


涙もでるし、くしゃみ鼻水がすごいし。微熱でやし。と言ったら、熱っぽい気がするものの、花粉症で発熱はしない。と教えてもらった。本当にめちゃしんどくて、花粉症の人は毎年大変や!と思っていたら風邪だったのだ。あの年もしんどかったわ。


実はまだ風邪が治らない。咳が出始めてしまって、困っている。

鼻水鼻詰まりは風邪薬や鼻炎薬で結構すぐに治るのだが、私は咳止めをほぼ信じていない。否、飲んだことがない。


飲んだことはないけど、兄が昔、咳が止まらず薬を飲んでいたが結局咳は止まらず、薬もやめてしまった。何かわかんないけど、咳は勝手に止まったようだ。

同僚も咳が止まらなくて、薬を飲んでいたけど殆ど改善しなかった。


薬の相性があるから色々試す方法になるようだけど。薬もできればあんまり飲みたくないなと思う。なんか疲れちゃうし、胃が痛くなるし。

鼻炎の薬はピタッと止まるけれど、鼻と喉をつなぐ粘膜的なところがチリチリするような乾燥感が出る。これが出ると効いてんだなと思う。嫌な感じなんだけど、これと引き換えに鼻水とさよならできるなら構わない。鼻をかみ過ぎれば肌も荒れるし、頭痛もする。原因がこれで鎮痛剤なんて飲みたくはないもの。


鍋的なものを共につつきたいのだけど。風邪っぴきの私と一緒に鍋やなんてリスキー過ぎて誰も誘えない。

一人鍋か…思い起こすと、ここ2週間バタバタ忙しくご飯をまともに食べていなかったことに気づく。ファミマのおにぎりかパンしか食べていない。

ふと出来た2日の余裕で夜ご飯を野菜沢山の鍋を食べて、諸用の休日を過ごした途端に風邪をひいてしまった。



いつひいたのかわからない。マスクを常用していたし、風邪気味の人と鍋も食べなかったのになぁ。ヨボヨボ過ぎて、地下鉄で感染しちゃったのかもなぁ。

POPCOCOON

POPCOCOON