読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤と黄色

f:id:lameretmusica:20170517143717j:plain


手からこぼれ落ちた、赤い油性のボールペンの軌道はよくわからないが、私の白いカットソーに途切れつつも赤いラインを引いていくのに充分な位置を選んだようだ。



おへその辺りにズバッと。


なんだか大慌てでトイレに向かって、手洗いせっけんをかけてみたものの、暗い赤のボールペンのインクが蛍光ピンクのような明るい鮮やかな色になっただけで、落ちることはなかった。


ただただ目立つ。お昼休憩にネットで検索したら、アルコールと中性洗剤で落ちるそうな。会社のトイレに除菌アルコールがあったので、ふりかけてみたら、せっけんのせいで明るい蛍光ピンクに滲んだフチだけがらなんとなく落ちた。押し付けたティッシュに蛍光ピンクが移っている。


石鹸より手応えはあるが、ティッシュに色移りしただけで、ピンクの線はついたまま。真っ白のトップスだったので、ためらいなくネット情報のままにすすめてみた。オフホワイトとかだと難しいだろうが。


アルコールと中性洗剤とのことだったが、アルコール除菌スプレーがない我が家では、オイルメイク落としでチャレンジしてみた。


ペーパータオルを敷き、メイク落としをふりかけ、歯ブラシで叩いたところ、赤ボールペンはペーパータオルに少しずつ落ちていく。ボールペンが落ちていく時に描いた軌道の中で、うっすらと引いた線は、この段階で綺麗に落ちていた。ただ、一旦、止まったのだろうな、と思われる、はっきりと濃い、インクの塊のような点はきえることはなかった。ただ、薄くなり、小さく控えめになったが。


ペーパータオルに移る色がなくなったところで、一旦水洗いをしてみる。明らかに赤ボールペンの主張は控えめで、インクのとどまった部分だけになった。

ここで、食器洗い洗剤をかけて、もみ洗いをする。


こすり洗いもしたと思う。生地をきっといためるので、こすり洗いはどうかと思うが、ゴシゴシしてみる。ははは。殆ど落ちている。私は赤ボールペンの痕跡を見つけることができるものの、赤ボールペンの洗礼を受けたなどと知らない人には見つけようのないくらいになったのは事実だ。


その後、普通にエマールで洗濯をしたら、普通の白いカットソーに戻りました。赤ボールペンには気をつけよう。なんて思いつつ、そのカットソーを着た日のお昼にカレーを食べたら、ほんのり黄色い点々が袖と前身頃についていた。


なんで??

私はカレーをたくさん食べるし、白い服をよく着ている。でも、これまで、カレーが私を襲ったことは一度もない。このカットソーは何かを呼ぶのだろうか??


カレーの黄色い点々は食器洗い洗剤で難なく綺麗に落ちていきました。



もうなにも怖くないなと思ったのである。

食品の油汚れも、ボールペンも。

ただ、コーヒーや紅茶はあかん気がする。血液とかもなんかやばいかもな。