読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月の終わり

毎日終電で帰っていた日々に嫌気がさして、逃亡したくなったわけではなくて。ちゃんとした休みを取って私は2月の最終日に東京へ行った。

 

勿論、翌日は仕事だったので、帰ってこないといけなかったし、久々の休日だったのでただただお天気の良い空に飛んでいきそうなくらいの軽い気持ちを持っていて、これまでの疲労続きの日々なんて何もなかったようなくらい。足のむくみだってとれちゃったんじゃないかな。なんて思った。

 

朝はいつもより1時間くらいゆっくり眠った。それから洗濯をして掃除をして、今にも笑い出しそうな妙なテンションで家を後にした。明日の夜には帰ってくるのに、まるでしばらく帰ってこないなんて気持ちになる。幻想。

 

少し寒さも和らいで、昨日天気予報で気象庁的には3月って春なんですよって天気予報士の人が話していたなぁなんて思う。キラキラ光る空と冷たい風と見上げた高速道路。地下鉄の入り口に差し掛かって、お休みだという喜びをかみしめる。別にワーカホリックなんてもんじゃない。こんなの不本意だ。

正午前に新大阪について、それから、にやにやをかみ殺して新幹線に乗り込んだ。私は移動することが大好きだ。新幹線も飛行機も。新幹線は仕事の人が多いからそれほどわくわくに満ち溢れた人がいるわけでもないが、飛行機は旅立つ人が多くて、とても好きだ。

 

眠くて仕方がないけど、変なテンションなので、スマホで今日いく場所を決めようと、tokyo art beatのアプリを立ち上げたら、以前と表示が変わっていて、私は何を観ようと思っていたのかさっぱりわからなくなった。

まあ、その程度だったのだともいえる。検索か人気かしか表示しないので、東京に土地勘のない私には到底調べようがない。【人気】を眺めていたらchim↑pom無人島プロジェクトを見つけた。写真が載っていて、これに決めた。

 

清澄白河…これまで生きてきて聞いたことがない。一体どこだ。

住所なんかでわかるわけがない。○○区なんてわかるわけない。今日の夜には新代田に行ってることだけが決まっている。そんな2/28だった。

品川→清澄白河の乗り換え案内は後で見るとして、清澄白河でランチを取ろうと決めたのだけど、私は移動中に文字をしっかり読むことができない。検索中に酔ってしまいそうになって、目を閉じた。気付いたら新横浜だった。

 

ははは。私は元気だ。仕事の引き継ぎ漏れに気づいたが、なんだか気持ちに余裕がある。ランチをとりながらメールしようなんて思って、新幹線のホームからホテルまでの時間をはかるために、ストップウォッチを開始した。

 

 

Because Brain tells me!

Because Brain tells me!