読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海に流した

f:id:ms97mr:20161213001022j:plain


サーフィンをしたことのある人ならわかると思うのだが、初めてサーフィンをした日の筋肉痛や、身体の痛みの話。


サーフィンを一年以上振りにやった。いつもは役に立ってはいないものの、付け焼き刃の筋トレなんかを行なって臨む海開きに、今回はただの日常だけで、挑んでしまった。別に自分の筋力を過信したわけでもないし、自力を試そうだなんて思ったわけではない。


ただ、忙しい日常にかまけて、筋トレなんてしなかっただけだ。それに、ちょっと筋トレなんてしたところで、パドルで使う筋肉を鍛えるのはなかなか難しい。

パドリングで使う筋肉を鍛えるのは、パドリングが1番なのは間違いない。


とはいっても、初めてサーフィンをしたあの日の筋肉痛なんて2度と味わうことはない。やっぱり最初が1番痛い。

まず、ウェットが脱げずに脱がせてもらった。お昼ご飯を食べるのに手が震えていた。全身ギシギシで、翌朝起き上がるのに苦労した。仕事中もギシギシ身体中から音が鳴るほどだった。


こんなことはまずない。ウェットだって自分1人で脱げるし、筋肉痛だなぁと感じながらも、ウェットを洗って、掃除して、洗濯して…日常は問題なく過ごせる。


ただただ痛いだけだ。ブラジャーのホックが1番辛い。のは私だけ?ちょっと息を飲む痛さ。懐かしいこの痛みと馴れ合って、海を思うのだな。


海を楽しむ余裕はあんまりなかった。私、意地でサーフィンしている部分があって。パドルがうまくできなかった、テイクオフがうまくできなかった。すぐにバランスを崩してしまった。クソ波にしか乗れなかった。そんなことで、するっと海から上がることができなくて、あと一本、あと一本なんてやっているうちに、体力がなくなる。


岸に戻るパドル分だけ温存して、上がるようにしている。こないだできなかったから、昨日できなかったから。ただの意地でやってるだけかも。別に楽しくはない。近頃は。


数年前から楽しいのかどうかわからなくなってきているのは確か。

あのうまく乗れた時の興奮と快感は針が振り切れる感じだし、またあの体験をしたいって思うけど、あんなに感動的だったのは生まれて初めて、うねりからテイクオフできたあの初めての時だけだった。


初めてだったから、あんな素晴らしい体験をしたのかもしれない。私1人だけの世界のようだった。夢のようだった。雑音が消えて、キラキラした海と波と太陽の光だけだった。


こんな感覚にも慣れがやってくるのか。勿論、足の下で水の感覚を捉えることなんて他にはないことだし、波を滑り降りることも他では経験できない。あのお腹の底から込み上げてくる光るパワーなんてなかなか出会えないのかもしれない。


光っていたかは不明なんだけど、まさにそんな感覚だったのは間違いない。映画みたいにドラマティックだったな。


いつまでも上手くならないから、ハマるんだって言われたけど、いつまでも下手くそだからへこたれるんだ。とも思う。少しくらい、ちょっとずつご褒美が欲しいです。



好きな気持ちも揺らぎやすいし、ちょっとしたことで、すぐに覆る。でもサーフィンをしている時って、いつも悔しい思いをしたり、イライラしたり、熱い想いを抱いていたりする。主に自分に。不甲斐ない、情けない。そりゃ楽しくなんてないのかも。でも、総合的には楽しいし、身体を動かすことは、やはりスッキリできる。ガス抜きにはいい。


色んな日々を忘れ去って、自分と波だけを考える時間なんてあんまりないもの。それが、楽しいか悔しいかなんて、あんまり重要ではないのかもしれない。集中して、自分の体を使うことで、いつもと違う体験ができているから。


海が好きだってことも大きな理由。海へ行って波待ちしているだけで、本当に来てよかったなって思える。沖にパドルして、岸に戻っては、沖へパドルして…何やってんだ?と我に帰ることもあるんだけど。波間にプカプカ浮いてるだけで、ズルっと脱皮した気分。



海は大きいし、美しい。波をくらうこともあるけれど、それでもやっぱり気持ちをつるんと洗い流してくれた。クソ波やったけどな。